<小児歯列育成矯正>

小児矯正は、特に永久歯が生えそろう小学生高学年までに適切な治療を早めに受けることで、よい噛みあわせと歯並びを作ることができ、大人になってからの矯正で抜歯をしたりの矯正治療の負担を軽減することができます。

 

歯列不正があると

  • 虫歯になりやすくなる
  • 発音が正しくできない
  • 食事をよく噛んで食べれず、栄養摂取不足、消化不良になりやすくなる
  • 顎の成長のバランスが崩れ、体や顔のゆがみの原因になる
  • 歯並びが悪いことで、心理面(友達としゃべりづらいなど)にも影響

など全身の健康にも影響してきます。

 子どもの歯並び治療(床矯正、マウスピース型矯正)

 

 床矯正について

 

 床矯正とは入れ歯のようなもので、装置の真ん中にネジが組み込まれていて、ネジを回すことで装置が広がりその刺激で顎を広げたり動かす装置です。顎を広げるというと痛くないか心配にはなりますが、子供の成長途中の顎の発育を利用するためネジを回し装着した直後が少し違和感ある程度で、痛みなく装着できます。しかし、装着し始めは部分的にあたるところが出てきたりして痛くなる場合がありますが、削除調整によりすぐ治っていきます。

 

子どもの歯を抜かずに顎の骨を発育させ不正咬合を自然に治していく治療です。

 

床矯正の欠点としては、歯が極端に傾いていたり、捻転していたりする場合は、しっかり治すということは困難な為、ワイヤーと金属の金具をつけた固定装置での治療が必要になってきます。

 

 

 

 

★歯並びと顔の関係

 

歯並びと顔は関係ないと思っている方々がほとんどだと思います。歯を正しく使うことで顔に変化が起こり、毎回の食事で食べ物をしっかり咬む刺激が、上顎の骨の発育に変化を起こし、顔は「良い顔」になっていくのです。

 

ただし、上顎の骨の発育が終了してしまったら、治療結果は期待できません。

 

あごを、歯が正しく並ぶ大きさにして咬む機能を取り戻し、本来の「良い顔」に育成していきましょう。

 

 

★適応年齢

 

①あごが小さくて永久歯が並びそうにない!

 

②永久歯が曲がって生えてきた!

 

③咬みあわせが反対になっている!

 

など、子供の歯並びがおかしいと気づいた時が治療始めです。

 

永久歯が生え揃うまで放置すると、抜歯をして歯が並ぶスペースをつくり、ワイヤー固定装置で治療しなければならなくなります。

 

床矯正は、歯を抜かずに取り外し可能な装置を使って歯を並べていく治療法です。

 

早いほど治療は簡単に済むことが多いです。多くは6~7歳から始めるのが良いです。(歯の萌出には個人差があるのであくまで目安となります)

 

そして、10歳くらいになると犬歯が萌出してきます。

 

犬歯が萌出する前なら、前歯のデコボコは治療しやすいですが、犬歯が萌出後は歯を動かしにくくなるため、装置の数が増え、期間も長くかかり、費用も多くかかってきます。

 

 

マウスピース型矯正装置

  ★ムーシールド

     子供の反対咬合(受け口)の治療を目的とした装置です。

     就寝時に装着することで、舌や口唇圧のバランスを整え

     反対咬合を改善します。1年くらい継続使用します。

        ・Sサイズ(乳歯列期の3~5歳くらい)⇒早期初期治療

        ・Mサイズ(6歳臼歯萌出期以降の6~11歳くらい)

 

   ムーシールドの詳しくはこちら

 

  ★プレオルソ

     シリコン由来の非常に柔らかい素材で、子供が一番嫌がる痛みは

     ほとんどありません。(場合により、少しあたる部分は調整可能です)

     歯型を取らずに装着でき、昼1Hと就寝時に装着する装置です。

        ・上下の前歯が凸凹している(叢生)

        ・上下の歯の噛みあわせが深く、下の歯がみえない(過蓋咬合)

        ・少し口が開き気味になっている(開咬)

        ・受け口になっている(反対咬合)

     などに対応しています。

 

  ★T4kトレーナー

    混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)における

        不正咬合の早期治療に適したマウスピースタイプの矯正装置です。

                ・ソフトタイプは装着期間が約6~8か月

        ・ハードタイプは装着期間が約6~12か月

         どちらも使用時間は、毎日日中1時間と就寝時になります。

 

       *装着期間は目安ですので、歯並びの状態により、ソフト使用後

        ハードタイプを使用など、歯並びの程度によって変わって

                   きます。

 

 ★CAスプリング法

   マウスピースにワイヤーを組み込んで、矯正していきます。

 

 ★部分ワイヤー矯正

  小学高学年になると、取り外し装置では治療しきれない歯並びに

  なっていることが多いため、部分的に固定式のワイヤー矯正で

  治療することがあります。

 

歯並びでお悩みの方は、お電話下さい!!

初回は無料相談行っております。初めての矯正相談の方は都合の良い日時をお電話で予約してください。

 

 

★しのはら歯科は、

富山グラウジーズ

応援しています。

 

★携帯は、

  こちらから

  どうぞ!

 

 

★リンク集